大穴狙いの競艇予想口コミブログ

競艇予想の的中率を上げるために抑えておく事。

他のギャンブルに比べて、競艇は的中させ易いのが魅力であると言われる事が少なくないです。

実際に競馬ならば最大で18頭、競輪は9車出場しますが、競艇の場合は6艇しかレースに出場しません。

お陰で組み合わせが少ない分だけ、当たる確率も高くなるのです。

ただし当たる確率が高いからと、いい加減に舟券を購入しても儲けが得られる程に甘くはなかったりします。

競艇で儲けを得るには、的中率を上げるための努力が必要となるのです。

競艇で的中するために必ず抑えておかなければならないのが、基本的に1号艇が有利であるという事だったりします。

理由は単純明快であり、1号艇はコースの1番内側の進路を取る事が出来る可能性が高いからです。

最初のターンを最短距離のコースで行えるので、レースを有利に進める事が出来ます。

実際にデータを見ても、1号艇の勝率は各競艇場でも非常に高く3着以内に入る確率となるとより信頼性が増すのです。

だからこそ舟券を購入する際は、1号艇を抑えておくのが無難だったりします。

もっとも逆に言うと1号艇が沈んでしまった場合には、高い配当も期待出来るのでそういった舟券も抑えて購入しておくべきです。

そして1号艇が有利か不利かを見る際に役立つのが、風向きだったりします。

スタート時に追い風であれば1号艇は好スタートを切り易いので、有利になる可能性が高いです。

所が逆に向かい風の場合は、1号艇はダッシュが付き難くなるので好スタートが切れない可能性もあります。

なので向かい風で、更に1号艇に入った選手がまだ技術的に未熟な若い選手の場合には、有利な1号艇が上位に来られない可能性が高まるのです。

なのでそういった時は、1号艇の有利さが働かず思い切った形で穴を狙い易いです。

更に的中率を上げるための予想としてはコースの有利不利さだけでなく、乗っている選手の特徴も把握する事が大事だったりします。

競艇はボートに選手が乗り込んで行うので、どうしても選手によってコースや戦法による得手不得手が生じてしまうものです。

例えば1コースからのスタートが得意な選手は、5コースや6コースといった外側からのスタートは苦手な場合が多かったりします。

新人が1号艇でも事故を嫌って、スタート後に5コースや6コースを選んでしまう事もあるのです。

この様に選手の特徴や組み合わせにより、レース展開も大きく変わってしまう事が少なくありません。

だからこそ競艇では配当が安いレースもあれば、飛んでもなく大荒れで高配当となるレースもあるのです。

なので如何にレース展開を的確に先読みするかが、的中率を上昇させるのに重要だったりします。