大穴狙いの競艇予想口コミブログ

競艇を予想する時のコツ

1.ボートレースでは、1、2、3番が有利

競艇は、ある一定の距離を3周する競技となってます。スタートの並び順としては、内側から1、2、3、4、5、6番の順に並んでスタートをするので、レース展開としては、断然に1、2、3番が有利になることは間違いないのです。ですので予想をする時には、内側の番号は入れておいた方が無難なのです。1着に入らなくても、1、2、3のどれかには入る確率が高いです。

2.結果として1号艇が来ない場合

1号艇からスタートをする選手はA級選手が多いですが、選手の調子が悪い時などに外側が入る場合もあります。また、4、5、6番のボートに乗っている選手に意外と強い選手がいる時には、いくらA級の選手と言っても差されることもあります。さらに、1枠からスタートをすることが苦手な方もいらっしゃるので、予想をする時には、必ず入るということは断言出来ないです。一週目のコーナーでボート同士が、ぶつかって弾かれて順位がかわることもあります。

3.スタートをして1週目あたりで、着順が決まってしまう

競艇の場合は競馬と違って、スタートをして早めに着順が決まる場合があります。レース展開として、最後の周で接戦になることは少ないと思っていいです。大体、スタートをして1、2、3着までは、決まるので3連単で購入した方は、最後までそのままの着順でと祈る方もいらっしゃいます。

4.予想をして当たる確率を高くするには

初めから高い金額を継ぎこむのは辞めた方がいいです。枠で買うのもいいですが、慣れてくれば、3連複、3連単と1、2、3着までは予想出来るという買い方が出来ると競艇も大いに楽しめるかと思います。予想表を見て内側にはどんな選手が乗るのかを、見極めることが重要となります。A級の選手であれば、レースが硬い感じがします。スタートの段階でダッシュが出来るかが重要なポイントとなってます。1、2、3番が硬いレースも多いので、そういったレースの時に絶対に外側の選手が入ってくる可能性が低い時には、穴を購入しても無駄になる可能性も高いので注意することです。

5.風向きによっては展開も変わる

強風が吹いている時には、ボートが流されることもあるので、思いがけない番号が入ってくる場合もあります。私もレースを予想することもありますが、4、5、6の順に入ったレースもあります。当然マークはしておらず、外れてしまったことがあります。

6.好調がいい選手はマークを

その日の着順を見て、競艇の予想新聞と見比べると、一着に入る選手が他のレースにもいる時には、マークはつけておくといいです。